ファミリータイプの賃貸専門マンション

ファミリー向けマンションとは

ファミリー向けマンションと明確に定義されているものはありません。夫婦と子供1~2人が住める間取りのマンションを言います。だいたい3DK~4LDKなどがメインです。
小さなお子さんがいるなら、3DKくらいで十分でも。大きくなってくると子供も個室が欲しくなるので、人数に合わせて4LDKなどの部屋数の多いところに住むのが便利です。
賃貸マンションですから、持ち家と違って子供達の成長に合わせて住み替えがしやすいところがメリットだと言えます。
シングルやDINKS向けのコンパクトなマンションは駅近など利便性が重視されますが、ファミリー向けは子供がいる家庭なので、治安の良さや交通量が少なく公園や児童館など公共の遊び場が近くにある立地が好まれるため、駅より離れた場所に建っていること多いようです。その為、駐車場や駐輪場が充実しているマンションが多いのが特徴です。

ファミリーはファミリー向けのマンションが断然良い

マンション住まいにとって一番気がかりなのは騒音です。
特に子供はどんなに注意しても家中走りますし、飛び跳ねます。癇癪を起こせば床を叩きます。
下の階の方を思って親もついガミガミと叱ってしまいがちです。
しかしファミリー向け賃貸場合、高確率で似た家族構成の方が住んでいます。子供が時々騒音を出したとしても、お互い様ということで大目に見てもらえる場合があります。
また、子供が小学生になると登下校が子供だけになります。登校班のある地域ならいいのですが、登校班がない場合ひとりで登校しなければなりません。
ファミリー向けマンションの場合、似た家族構成の家族がいることが多いので、同級生や同じクラスの子が住んでいることがあります。毎日の登下校に加えて欠席の連絡帳を届けてもらうなど、メリットがあります。
子供のいる家族はファミリー向けマンションに住むのがとても良いと思います。